司法書士へ依頼するメリット、デメリット

司法書士へ依頼するメリット、デメリット

司法書士、そして行政書士に当てはまる第一のメリットはやっぱり費用の安さにあり、司法書士なら弁護士よりも遥かに安い費用で仕事を頼めますから、お金を全く出せないという人にとっては強い味方になります。
ただし司法書士は扱える事件が無限ではなく、相手が払う賠償額が140万円を超える場合は交渉する権利を行使出来ない可能性があるので、例えば自分が車に乗っている時に事故が発生したとして、入院費と車の修理費で150万円必要になる、というケースだと相手と交渉出来るのは弁護士だけになります。
だから司法書士のメリットは費用の安さ、デメリットは交渉出来るのが賠償額の低い時となる訳ですが、このメリットとデメリットがある限り被害者の状況によっては弁護士よりも司法書士に頼んだ方がお得という事もあり得ます。

 

交通事故は被害者の治療費や事故当時の状況などで慰謝料が大きく左右するので絶対にとは言い切れませんが、もし賠償額が30万円前後になるとしたら、当然費用の高い弁護士よりも司法書士に頼んだ方が安く済むし、30万円程度なら司法書士にも交渉する権利があるので、これなら弁護士よりも司法書士に依頼した方が効率的でしょう。
という事で小さい交通事故なら司法書士に頼んだ方が低予算というメリットを活かせると考えられるとは言え、慰謝料を増額出来る可能性は司法書士よりも弁護士の方が高い傾向にあるので、慰謝料を一円でも高くもらいたいという被害者にとっては、例え司法書士が交渉出来たとしても、慰謝料の増額に絶対的な期待を出来ないというデメリットが生じる事もあるはずです。