交通事故紛争処理センターのメリット、デメリット

交通事故紛争処理センターを利用するメリット、デメリット

交通事故の一件を解決する際に紛争処理センターを利用すると弁護士基準というのが使われて、この弁護士基準というのは保険会社の基準よりも高くなっているので、示談で終わらせるよりも多くの慰謝料を期待出来るという大きなメリットを持ちます。
他には裁判を短く済ませられる、審査の手続きなどを無料で出来るというのもメリットで、総じて金銭面におけるメリットが大きいと言えるでしょう。
また、第三者にフェアな損害賠償を算出してもらえるのも大きなメリットですし、こうやって当事者以外の人間や組織に金額の問題を解決してもらったり自分の主張を伝えられるのは安心面もそうですが、裁判などを有利に進める事にも繋がります。

 

一番のデメリットは弁護士における問題で、担当する弁護士が気に入らない、他の弁護士に変えてほしいと思っても交代出来ないので、これは自分が目指す解決地点に到着出来ない可能性を孕んでいる訳ですから、かなりの不安を抱えてしまいますし一番大きなデメリットになります。
後は加害者が支払う金額が確定するまで若干時間がかかるなど細かいデメリットはありますが、ほぼ全ての人に当てはまるデメリットは弁護士の自由が無い事に尽きます。
紛争処理センターだろうと弁護士だろうと第三者を介入させない示談だろうと、被害者の目的は少しでもスムーズに交渉を進めて自分が求める賠償をしてもらう事ですから、いざ弁護士の自由が無いという直面にぶち当たるとそのデメリットは本当に大きく感じるはずです。