行政書士 メリット デメリット

行政書士に依頼するメリット、デメリット

交通事故の被害者となって行政書士に依頼する場合、まず行政書士というのは弁護士と違って直接交渉する事が出来ませんので、素人が弁護士に求める法的な解釈におけるプロの交渉を期待出来ないのが一番のデメリットです。
素人が弁護士なり行政書士に頼む時というのは、自分では交渉をどうして良いのか分からない、穏便かつ自分が損をしないように処理する交渉が出来ない時などですから、どうしても行政書士が交渉する権利を持っていないというのはネックになります。
ただし、それは言い換えると弁護士より行政書士の方が費用が安くなるという事になり、これはどういう事かと言うと弁護士は交渉を含めて全てを弁護してくれる訳で、そうなると当然仕事量の多い弁護士の方が支払う費用は増えるという事実に繋がるので、行政書士は費用が安く済むというメリットを持っているという事が言えます。
要するに行政書士のメリットと役割というのは安い費用で法的なアドバイスをくれる事にあるので、弁護士が直接相手と戦ってくれる人間だとしたら、行政書士に頼む場合はあくまでも戦うのは自分で、それを援助してくれるのが行政書士とも言えるでしょう。

 

とにかく行政書士のメリットは費用の安さ、そしてデメリットは交渉する権利を持たないという事なので、もし加害者が事故の解決に前向きだったり、大げさに騒ぐような怪我では無いのなら安い費用で済む行政書士に頼るのがベストです。
しかし大きな怪我を負った、事故のせいで失明してしまった、しばらく会社に行けなくなって信用や立場を失ったという大問題に発展したり、加害者が慰謝料を全く払う気がないなどの状況であれば、素人が戦ってどうなる問題ではありませんから、その時は交渉する権利を持つ弁護士に頼むのが得策です。