弁護士に依頼するメリット、デメリット

弁護士に依頼するメリット、デメリット

交通事故において弁護士に依頼して考えられるメリットはスムーズな交渉、新たなるトラブルの回避や阻止、慰謝料の増額などが挙げられ、意外と一番大きなメリットは費用はもちろん新たなるトラブルを防止する事にあったりします。
一般的に交通事故の90%以上は示談で解決している現状があるのですが、やはり当事者だけで話し合っていると主にお金の問題で揉めてそれが新しい火種になったりするので、そうならないように弁護士を介入させるというのは大きな意味を持ちます。

 

メリットはどういう状況であっても生じる事ですが、デメリットに関しては状況によって発生する時としない時があり、デメリットが生じる可能性があるのは交通事故が軽度だった場合です。
弁護士費用というのは弁護士のおかげでどれだけお金を回収出来たか、つまり相手から支払ってもらった慰謝料によって決まりますので、慰謝料が少ないなら弁護士費用も高くならないので、弁護士費用が安く済むという面だけなら一見デメリットに感じません。
しかし安い慰謝料のためにわざわざ弁護士に依頼したら弁護士費用のせいでもらえる慰謝料が減ってしまいますから、そうなるくらいなら当事者だけで話し合って慰謝料を丸ごともらった方が得ですので、当事者同士の示談で解決出来るのに弁護士に頼んでしまうと手元に入るお金が減るというデメリットを生んでしまうのです。
従って、自分が軽傷で相手とも穏便になおかつ満足のいくお金をもらえそうな状況なら無理して弁護士を介入させない事、そして慰謝料が高額になりそうなら弁護士に頼んで交渉をスムーズにさせるのが正しい方法でしょう。