交通事故 慰謝料 相場

交通事故の慰謝料、相場は調べても絶対に参考までに・・。

交通事故の被害者が「交通事故 慰謝料」「交通事故 慰謝料 相場」などと検索して慰謝料の相場を調べる人が多いです。

 

私も交通事故の被害に遭った時にそのような検索をしてました(笑)

 

ただ慰謝料の額って弁護士を雇うか雇わないかで額は全然変わってきます。

 

たまたま見たサイトが自賠責基準で計算された慰謝料の相場だとしましょう。

 

そしてその額と同じぐらい貰えました。

 

よし!相場と同じぐらいだった!と安堵する人もいます。

 

でもそれは間違いなんですよね。

 

何故なら慰謝料の基準は、自賠責、任意保険、弁護士(裁判)基準と3種類あるからである。

 

自賠責は一番安い金額の基準です。
弁護士基準が一番高い金額の基準です。

 

つまり弁護士を雇って弁護士基準で交渉してもらうのが慰謝料増額することが可能であります。

 

なので、たまたま見たサイトが自賠責基準や任意保険基準だったら相場を調べたことが後悔することがあるんですよね。

Q.通院、入院慰謝料は弁護士にお願いしたら増額可能なのか?

Q.通院、入院慰謝料は弁護士にお願いしたら増額可能なのか?

 

高速道路で玉突き事故の被害にあいました。
高速道路を運転してると事故してる車を見かけますが、まさか私が事故に遭うとは・・。
交通事故の通院慰謝料、入院通院慰謝料?はネットで勉強したら自賠責基準120万以内という文字をよく見かけます。
でも慰謝料の基準は3つあり、自賠責基準、任意保険基準、弁護士基準の3つで左から右へと慰謝料の額が増えるとか書かれてます。
通院慰謝料も交通事故に強い弁護士さんに相談すれば自賠責基準から弁護士基準に切り替わり慰謝料が増えるのでしょうか?
仮に自賠責基準の120万以内に慰謝料が収まっても弁護士を使えば増えるのかな?と考えたりしてしまいます。
弁護士特約がついてるので最終的には弁護士を使ってみようかなとか思ってます。
ただ弁護士特約って交通事故の被害者さんは利用してるのでしょうか?

 

A.回答

 

まず弁護士特約を使う際は弁護士特約を利用するには保険会社に許可がいるんですよね。
保険会社に弁護士特約を使いたいと電話をしても「今回の被害状況では弁護士特約を使うようなものでは・・」と言われた人もいたとか。
保険会社側にそう言われても弁護士は使えますし、当然弁護士特約は使えます。
弁護士を使う被害者は全員ではないですし、「弁護士」は敷居が高いイメージがあることもありそういう理由で使わない人もいます。
私が交通事故被害者なら弁護士に相談しますけどね。
後遺障害サポートとかもしてくれますし、示談交渉とか考えても精神的にも楽になるので。

 

弁護士を使うと通院慰謝料が弁護士基準になるかどうかですが、調べた限り「弁護士基準で交渉」してくれるそうですね。
自賠責基準と弁護士基準では最終的に額に差がありますので、そう考えたら尚更弁護士に相談しないと勿体ないかと(笑)

Q.交通事故の被害者です。

Q.交通事故の被害者です。
約2か月前に交通事故にあいました。
会社から自宅に帰る途中の信号、赤信号待ちの際に後ろから衝突されました。
相手側が完全に悪いということもあり、加害者側である相手側に金銭的な面は全額負担という話になりました。
車は凹みましたが、修理代は保険会社の全額負担とのこと。
衝突に遭ったのが原因でむち打ち症(首の痛み等)と診断されました。
現在治療期間は2カ月で病院への治療回数?通院回数は20回です。。

 

今現段階の慰謝料の金額ってどれぐらいになるのでしょうか??

 

 

 

A.質問の内容だけですと通院回数×金額×2ですね。

 

自賠責基準での計算で行きますと20×4200円×2=168000円が現段階の慰謝料ですね。
あくまで質問内容から計算できる数字ですが。。
ちなみに通院回数は大体2日に1回行った方がいいと世間では言われてるそうです。

 

理由としては通院回数×金額×2の「2」が関係してます。
治療期間1か月としてその1カ月は30日だとします。
通院回数が30日中20日間だとすると20日×「2」=40と30日を10日オーバーしてしまいます。
こうなると慰謝料は30日×金額(4200円)の126000円となってしまいます。
ということは、通院回数が15日間、つまり2日に1回通院した回数と同じになりますので2日に1回が良いと言われてます。

Q.交通事故で骨折、後遺障害認定。慰謝料について相談!

Q. 交通事故で骨折、後遺障害認定。慰謝料について相談!

 

1年前のお盆休みに交通事故に遭いました。

 

左大腿骨頸部骨折、頚椎捻挫(ムチウチ)と診断されました。
骨折の治療期間中は会社を休職せざる得なく休職を数か月程しました。
骨折の部分手術といのもしている関係で現在も通院中。
ムチウチも治ってません。
治療期間の総日数?は380日。入院60日、通院139日となってます。
交通事故の内容もこちらがバイクで相手は車で過失割合はこちらが0で相手が10となってます。
交通事故から今日までの治療期間が長いということもあり、保険会社からも結構電話がかかってます。

 

相談したいことですが、私のこの左大腿骨頸部骨折、頚椎捻挫というのは後遺障害認定されるものなのでしょうか?
慰謝料の話になった時に後遺障害認定されてるかされてないかでも額が全然変わってくるというのを入院中に同じ大部屋の人に言われました。
まだ通院中ってこともあるのか保険会社から慰謝料の額の提示はされてません。
私は慰謝料どれぐらい請求できるものなのでしょうか?

 

お手数ですが、回答よろしくお願いします。。

 

 

A.回答

 

むちうちと言われてる頚椎捻挫は後遺障害認定されますね。
左大腿骨頸部骨折も後遺障害が残れば認定される病名ですね。
ただ手術で人工骨頭をした場合は後遺障害が認定されるはずですが、手術だけの場合はされなかった気がします。
慰謝料の請求額は後遺障害認定されるかされないかでの結構差がありますし、弁護士を雇うか雇わないかでも慰謝料の基準が変わってきます。
自賠責基準なのか任意保険基準なのか裁判、弁護士基準とありますので。
裁判、弁護士基準が3つの基準の中では慰謝料の額が多いと思っていいです。
今は後遺障害等級認定をされるためのサポートもしてくれる弁護士もいますので、交通事故の分野に強い弁護士に依頼した方がいいかもしれませんね。
通院日数も多いので弁護士基準の方が絶対良いと思います。。